出展者詳細

ReBirth株式会社

出展者名 ReBirth株式会社
英文社名 ReBirth Corporation
小間番号 B-121-61
住所

〒503-0017

岐阜県

大垣市中川町4-108-10

Address

4-108-10, Nakagawa, Ogaki-city, Gifu, Japan

ホームページURL http://www.rebirth-corporation.jp
メールアドレス
電話番号 0584-84-7772 
FAX番号 0584-84-7774
Telephone +81-584-84-7772
PR文 現物をCADデータ化するリバースエンジニアリングであれば弊社にお任せ下さい。自動車のエンジンブロックであれば20万円から対応が可能です。3DスキャンニングマシーンFAROの販売実績は、国内大手自動車メーカー様から各種金型業界へと幅広く販売しております。また、ダイカスト金型部品製作(入子、嵌合中子)も行います。
代表的な出展製品

X
出展製品[1] 『ダイカスト金型部品製作にお困りの方必見』
出展製品詳細[1]

20年の加工実績を元に、大手自動車メーカー様向けのダイカスト金型部品(入れ子、埋め込み中子、)加工を行っております。
3次元測定はもちろん、近年は3Dスキャナーでの品質保証を実施し、お客様より高評価をいただいております。
品質、納期、コストで新しい提案をすることができる企業です。1部品からでも見積もり対応可能ですので、ぜひご利用ください。
出展製品[2] 『鋳造金型の修理、形状変更、溶接にお困りの方必見』
出展製品詳細[2]

20年の加工実績を元に、大手自動車メーカー様向けのダイカスト金型の本体、スライド入れ子、埋め込み中子の溶接修理対応、形状変更対応、改造対応いたします。
設計力はもちろん鋳造型の金型知識もある弊社では、お客様にあった金型修理の提案も可能です。
品質保証の面では、3次元測定はもちろん、近年は3Dスキャナーでの品質保証を実施し、お客様より高評価をいただいております。
また、機械操作を始め、切削方法等のコンサル業務も可能ですので、1度お声がけください。
出展製品[3] 『金型メーカー様に、測定器FARO3Dレーザースキャナーの販売実績多数あります』
出展製品詳細[3]

2015年より『FARO』社とタッグを組み、アーム型3次元測定器の販売を開始いたしました。
金型メーカー様や金型を取り扱う企業様に向けて、『金型測定ノウハウ』を付加価値として提供する事で、多くの反響をいただいております。
【金型工場内で使うFAROの活用方法事例】
Q・金型を溶接した際に、正確に溶接が完了したか測定したいんだけど、早くできる測定器はないですか?

A・FAROのアーム型スキャナーがおススメです。重量13KGの測定器は、溶接現場にも持ち運びが簡単なことと、操作方法も3時間ほどで覚えることができることから、工場で働くどなたでもすぐに使う事ができます。溶接が足りない部分はモニターに簡単に表示ができることから、一目で溶接が足らない場所がわかり、NC加工終了後に再度溶接してNC加工を行うといった『無駄工数』削減が可能となります。

Q・接触式の3次元測定器では、コーナーRや、細かな部分の測定ができず、お客様の求める品質に対応ができないが、何かいい測定器はありませんか?
A・FAROのレーザースキャナーがおススメです。FAROのレーザースキャナーは、青色のレーザーを当てる事で、レーザーが当たった部分を3Dスキャンすることが可能です。レーザーポインターをイメージしてください。スキャンしたデータをIGES、STEPなどのCADデータと比較する事で、カラーマップでわかりやすく寸法公差の判定が可能です。

詳しくは会場でお声がけください。
出展製品[4] 『リバースエンジニアリングってご存知ですか?CADデータとして復元する事を表します』
出展製品詳細[4]

聞きなれない言葉かもしれませんが『リバースエンジニアリング』って言葉ご存知でしょうか?

3Dスキャナーをお持ちの方で、3Dスキャンしたデータを使い「CAD化したいな」とか「切削で同じものを作りたいな」などと考える方が多いと思います。この「CAD化」するという事を弊社では『リバースエンジニアリング』と呼んでおり、2015年より多くの企業様にデータを納品させていただき、大手自動車メーカー様のお墨付きをいただいております。
その理由は圧倒的な『コスト』と『スピード』ですので、1度他社様と相見積もりおねがいいたします。
その理由は、現在日本駐在のインドエンジニア1人とインドで5人のインドエンジニアが24時間2交代で作業を取り組んでおります。
他社と比較しても価格で約『半値』で対応可能な弊社に一度リバースエンジニアリングをご依頼ください。リバースエンジニアリングのReBirthは日本の中心とインドの中心でCAD化作業をお手伝いし、お客様の設計フォロー活動を行います。

【製作事例】
・自動車のエンジンブロッック 納期2週間、価格50万円(他社160万円)
・自動車のミッションケース 納期2週間、価格50万円(他者210万円)
・バイク1台フルリバースエンジニアリン実績あります
出展カテゴリ

A. 金型・金型材・金型部品等

金型

金型部品

K. 精密測定機器・光学測定機器

三次元測定器

L. CAD/CAM/CAEシステムなど

CAD/CAM/CAEシステム

その他関連機器

M. 試作・モデリング・3Dプリンター関連

試作メーカー

N. 精密部品加工技術

切削加工

鋳造・鍛造

微細・超精密加工

インターモールドテクニカルセミナー

海外産業視察団

  • 海外産業視察団

出展者募集中

  • asiamold Feb. 26-28, 2020
  • Moulding Expo May 21-24, 2019

インターモールド・グローバル・ネットワーク

インターモールド・グローバル・ネットワークの活用

インターモールド振興会では、日本以外で開催される、
金型加工、設計製造、自動車製造部品、プラスチック成型、金属プレス加工などの関連業界展示会に
出展を予定、検討している方へ出展サポートと情報提供を行っています。
日本と同じく高い技術を持つドイツをはじめとするヨーロッパ、技術躍進が著しいアジア各国、
自動車産業が盛んなロシア、トルコや南米などへ出展し、販路を拡大しませんか。

下記に案内するアライアンス展示会以外にもご興味のある展示会がありましたら、ぜひお問い合わせください。
インターモールド振興会がご出展を成功させるためにお手伝いいたします。
また、展示会視察と合わせた現地企業・産業視察団を派遣しています。