展示情報

出展者検索

出展者詳細

出展者名 マーポス株式会社
英文社名 Marposs Kabushiki kaisha
小間番号 6A-522
住所

〒143-0025

東京都

大田区南馬込5-34-1

マーポスビル

Address

Marposs Bldg. 5-34-1, Minamimagome Otha-ku, Tokyo 143-0025

ホームページURL http://www.marposs.co.jp
メールアドレス sales_engineering@jp.marposs.com
電話番号 03-3772-7011
FAX番号 03-3772-5960
Telephone +81-3-3772-8375
Facsimile +81-3-3772-5960
PR文 加工工程モニタリングシステム、各種機上測定機器の展示、ブランクアンプ プレス加工工程モニタリングシステム、撮像式高精度工具計測装置 VTS、無線式タッチプローブWRS、光学式タッチプローブVOS、ピエゾ式高精度プローブ、WRP45/60P、レーザ式工具長測定システムML75P、等
代表的な出展製品 機上測定システム、加工工程モニタリングシステム

出展製品[1] BRANKAMP X7
出展製品詳細[1] AI(Artificial Intelligence)を搭載したBRANKAMP X7はプレス機械と金型の保護及び製品品質管理を行うハイエンド工程監視システムです。X7は各工程・ステーションおよび各ストロークの力や振動、歪みを計測するピエゾセンサーからの信号を監視します。X7は様々な種類のプレス機械、パーツフォーマーや順送プレス、トランスファープレス等に簡単に設置出来ます。異常なオーバーロードやスクラップマーク、金型の引け割れ、カス上がり等が発生した場合、即座に機械を停止させる信号や、不良品ゲートを作動させるための信号を機械制御側に出力可能な他、警告を表示することも可能です。更に内蔵のソフトウェアとエキスパートデータベースにより各成型ステージのステージプランを全て自動で決定し、最適な成型監視方法を選択出来ます。X7では最大で24個までのセンサーを同時に監視可能で、更に高精度な監視方法「クアトロマティック」(ダブルエンベロープカーブ)、「シストマティック」(エンベロープカーブの平均化)、「オプティマイザープラス」(エンベロープカーブ幅の自動設定)、「タイムマシン」(エラー直前のカーブ履歴)等を選択することも出来ます。

出展製品[2] BRANKAMP X3
出展製品詳細[2] BRANKAMP X3はプレス機械と金型の保護及び製品品質管理を行う工程監視システムです。X3は各工程・ステーションおよび各ストロークの力や振動、歪みを計測するピエゾセンサーからの信号を監視します。X3は様々な種類のプレス機械、ボールヘッダーやパーツフォーマー、スレッドローラーや順送プレス、トランスファープレス等に簡単に設置出来ます。異常なオーバーロードやスクラップマーク、金型の引け割れ、カス上がり等が発生した場合、即座に機械を停止させる信号や、不良品ゲートを作動させるための信号を機械制御側に出力可能な他、警告を表示することも可能です。X3では最大で6個までのセンサーを同時に監視可能で、9インチのタッチパネルディスプレイで簡単に操作出来ます。X3はセンサーからの信号に対して次のような監視を実行します。「最大圧力モニタリング」、「エンベロープカーブモニタリング(工程全体に対する上下限の閾値監視)」、「トレンドモニタリング(最大圧力の傾向監視)」。X3によってプレス機械及び金型が保護されているため、機械と金型の寿命が延び、生産品質と機械稼働率が向上しメンテナンスコストを削減することが出来ます。

出展製品[3] ARTIS CMS
出展製品詳細[3] ARTIS CMS (Control Machine Security)は工作機械衝突保護システムです。移動している工具と対象物の間で発生する衝突は場合によっては機械に深刻なダメージを与えます。また衝突によって大幅な機械のダウンタイムが発生します。衝突の被害を最小限にするため、工作機械のスピンドル等にインストールされたセンサーが衝撃を検知すると即座に信号をCMSに送り、CMSは機械を停止させるための信号を機械側に出力します。検知する衝撃の強さは閾値の設定によりユーザーが任意で設定することが可能です。
CMSの特徴として
・オペレータの機械停止操作時間に比べて応答時間を1/1000に短縮(CMS応答時間:約1[ms])
・加工フォースの急激な変化の検知
・ボタン操作のみで過去100回の機械停止の時間、日付を確認可能
・既存の工作機械への簡単なレトロフィット
が挙げられます。CMSは全世界で10,000台以上の設置実績があり、複数台の工作機械の無人運転、耐用年数の向上、稼働率の向上、メンテナンス費用の削減に寄与します。

出展製品[4] ARTIS CTMシステム
出展製品詳細[4] CTMシステムは加工中のモニタリングを行うことにより、金属加工における異常監視や機械保護のみならず、加工及び工具寿命の最適化を可能にします。プロセス毎に各種パラメータ、しきい値を詳細に設定できる為、様々なアプリケーションに柔軟に対応できます。センサ類も加速度センサ、AEセンサ、ホールセンサ、フォースセンサ、トルクセンサ、流量センサと豊富に取り揃えており、機械とProfibus等のフィールドバス通信が確立されていれば各軸のデジタルな負荷データがセンサレスでモニタリング可能です。取得したデータの保存も可能で、製品加工時の状態を遡って確認できる等、トレーサビリティの構築にも役立てられます。

出展製品[5] ARTIS GENIOR MODULARシステム
出展製品詳細[5] GENIOR MODULAR(GEM)システムは加工中のモニタリングを行うことにより、金属加工における異常監視や機械保護のみならず、加工及び工具寿命の最適化を可能にします。プロセス毎にしきい値が自動に設定される為、量産加工における煩わしいパラメータ設定を必要としません。センサ類も加速度センサ、AEセンサ、ホールセンサ、フォースセンサ、トルクセンサ、流量センサと豊富に取り揃えており、機械とProfibus等のフィールドバス通信が確立されていれば各軸のデジタルな負荷データがセンサレスでモニタリング可能です。

出展製品[6] ARTIS TMUシステム
出展製品詳細[6] TMU(Tool Monitoring Unit)は、操作が簡易な主軸電力のモニタリングシステムです。穴あけや旋削加工等のシンプルな金属加工における工具破損や折損、磨耗を検知します。加工機械とはハードワイヤI/Oによる通信の為、どの様な機械にも容易に設置可能です。TMUシステムは3種のモニタリング方法があり、最大63種の加工プロセスに対して個別のしきい値が設定できます。ソフトウェアはMicrosoft Windows OSのPCであればインストール可能で、設定後は取外した状態でもモニタリングできます。

出展製品[7] VOS マルチチャンネルオプチカル通信タッチプローブシステム
出展製品詳細[7] VOS マルチチャンネルオプチカル通信タッチプローブシステムは3軸フライス盤やマシニングセンタ、またNC旋盤、ターニングセンタなどの工作機械に向けた最適なシステムです。
通信可動範囲は110°、最大6mと広く高いノイズ耐性を兼ね備えた光学式通信プロトコルを採用しています。
計測アプリケーションに合わせた多様なプローブ本体(マイクロスイッチ構造、トライポッド構造、ピエゾ式)を用意し、モジュラー式エクステンションなどで深穴測定などの様々な測定条件にも対応しました。

内蔵するマルチチャンネルシステムはVOIレシーバー1台によって、
測定条件に合わせて最適化されたトランスミッタ4台までのコントロールを実現しています。
VOIレシーバを2台使用する事で2軸スピンドルヘッド機種などに有効な、トランスミッタ2台同時使用も可能です。

出展製品[8] WRS ワールドワイド ラジオ通信式タッチプローブシステム
出展製品詳細[8] WRS ラジオ通信式タッチプローブシステムはラインオブサイトを必要とせず、通信距離15mの広範囲でのシステム構築が可能なため、3軸、5軸のフライス盤やマシニングセンタ、またNC旋盤、ターニングセンタ、マルチタスクマシンなどの中・大型工作機械に向けた最適なシステムです。
ラジオ通信方式で使用する周波数2.4GHz帯について、WRSは世界の多くの国で認証を取得しています。豊富な79チャンネルの周波数と4つのサブチャンネルの構成は、通信エリア内にて最大316台のタッチプローブの使用が可能です。
WRSはVOSシリーズと同様に多様なプローブ本体(マイクロスイッチ構造、トライポッド構造、ピエゾ式)を用意し、モジュラー式エクステンションなどで深穴測定などの様々な測定条件にも対応しています。
汎用リチウム電池を使用した低消費電力設計は連続使用900/1500時間(WRP40/WRP60)の長時間使用を実現しています。

出展製品[9] Mida Laser p レーザー式工具測定システム
出展製品詳細[9] レーザー式工具測定システムは、非接触でツールの工具径・工具長を測定できるシステムです。
加工時と同様なツール状態で測定し各補正を行うことにより加工精度は向上し、
また加工ワークに対した適正な工具管理もできるため、スクラップ・追加工などの無駄を省き、
生産性の向上に寄与します。
 レンズを加工機内の厳しい環境から守るメカニカルシャッターに加えて、
クーラントのしずくや切りくずによる誤信号を除去するために、レーザー光の保護を行う
エアートンネルのバリアを採用するとともに、内部処理でも誤信号を除去しています。
 あらゆる工作機械上で、様々なアプリケーションに対応出来るように、小径ツールの
高精度測定用のユニット(一体型タイプ)や、大型機用大径ツール測定用の
ユニット(モジュラー型タイプ)と言った各種サイズの製品を用意しています。

出展製品[10] VTS 超高精度CCDカメラ搭載非接触工具測定装置 Visual Tool Setter
出展製品詳細[10] VTSは高精度測定を可能とする非接触式工具測定システムであり、
品質が生産量より重要とされるアプリケーションでの工具寸法検査を可能とします。
レーザー方式では精度エラーの要因となってしまうような多種多様な工具先端形状や、
微細工具も非接触で測定する事ができます。
また、微細加工機で必要とされる工具測定を完全に自動化する事が可能です。
 VTSは工具長、静的/動的工具径、振れ、刃先Rの測定と、機械軸の温度ドリフト補正を
1回の位置決めサイクルで実行することができます。
実際の加工条件と同じスピードで回転している工具を高速で同期、撮像する事で、
工具径や工具長をレーザー方式より高精度に測定を行えます。
VTS システムは0.2 μm (レンジ)、0.2μm(6σ)の繰り返し精度で測定することが可能です。

出展カテゴリ

H. プレス加工機

その他

I. プレス加工機用周辺機器

安全装置

K. 精密測定機器・光学測定機器

各種測定器

形状・あらさ測定機器

自動精密測定機器

その他

インターモールドテクニカルセミナー

海外産業視察団

現在、募集中の海外産業視察団はありません。

出展者募集中

  • formnext Nov. 13 - 16, 2018

インターモールド・グローバル・ネットワーク

~インターモールド・グローバル・ネットワークの活用~

インターモールド振興会では、日本以外で開催される、金型加工、設計製造、自動車製造部品、プラスチック成型、金属プレス加工などの関連業界展示会に出展を予定、検討している方へ出展サポートと情報提供を行っています。
日本と同じく高い技術を持つドイツをはじめとするヨーロッパ、技術躍進が著しいアジア各国、自動車産業が盛んなロシア、トルコや南米などへ出展し、販路を拡大しませんか。

下記に案内するアライアンス展示会以外にもご興味のある展示会がありましたら、ぜひお問い合わせください。
インターモールド振興会がご出展を成功させるためにお手伝いいたします。
また、展示会視察と合わせた現地企業・産業視察団を派遣しています。

海外産業視察団ページ

  • rosmould May 15 - 17, 2018 Moscow,Russia
  • METALTECH May 23 - 26, 2018 Kuala Lumpur, Malaysia
  • The18th DIE&MOULD CHINA Jun. 5 - 9, 2018 Shanghai, China
  • InterMold Thailand Jun. 20 - 23, 2018 Bangkok, Thailand
  • Metalform Chine Sep. 18 - 21, 2018 Dongguan, China
  • AMB Sep.18 - 22, 2018 Stuttgart Germany
  • formnext Nov. 13 - 16, 2018 Frankfurt, Germany
  • Mould Eurasia Nov. 29 - Dec. 2, 2018 Bursa, Turkey
  • asiamold Mar. 10 - 12, 2019 Guangzou, China
  • INTERMOLD KOREA  Mar. 12-16, 2019 Seoul, Korea
  • WIN EURASIA Metal Working  Mar. 14 - 17, 2019 Istanbul, Turkey
  • Moulding Expo May 21-24, 2019 Stuttgart, Germany